2016年5月31日火曜日

ベガルタン、新潟サポの妄想を正す!!


昨日は東京で会議。そしてランチ時、「勝敗の賭け」で勝ったベガルタンは新潟の後輩のゴチで極上ハンバーグ定食。そこでの会話がベガルタンにサプライズだったので、チョット聞き耳を・・・

新潟サポ後輩「守備はイケてるから、仙台には正直勝てると思ってました」
自分「えっ、マジ?俺的には、そっちがそう思っている事が驚き」
後輩「仙台に失点は無い「=負けはない」と思うのは当然でしょ」
自分「だから、その「=」が不思議。全然「=」じゃないし」
後輩「浦和・ガンバ・川崎を完封、なら仙台も、と考えるでしょ」
自分「だから「=」って考える時点で、超上から目線なんだよ」
後輩「じゃあ、他チームサポの人にも訊きましょうよ、どう?」

浦和サポ同僚「上からだよ
東京サポ後輩「えぇ、超上からですね」
清水サポ後輩「J2なので大きなことは言えませんが、上からだと・・」
新潟サポ後輩「うへぇーー、そうなんだ・・・」

自分「お前さー、みんな思っているだけで口にしないだけだぞ」
後輩「えっ、なんですか?」
自分「新潟のくせに!!ってな」
後輩「えっ、そうなの?みんな、そう思っているんですか?」

浦和サポ同僚「新潟のくせに」
東京サポ後輩「ですよねぇ~~
清水サポ後輩「J2なので大きなことは言えません」

自分「お前はどうなんだ?」
長野サポの同僚「えっ?J3に発言しろと?」
自分「いいから、いいから、素直に、なっ?」
長野サポの同僚「えーと、いや、でも、J3だし・・・
自分「俺が許可する」
長野サポの同僚「上からだと思います・・」
一同「えぇーー!!!J3なのに、言うか?」

 

長野サポの同僚「いや、ベガルタンさんが・・」
自分「知らないよ・・・」
長野サポの同僚「えぇーーマジっすか??」
自分「長野のくせに・・」
新潟サポ「J3のくせに・・」
浦和サポ同僚「しかも、6位のくせに・・」
長野サポの同僚「怖ぇ~~J1って、超怖ぇー、カースト制度並みの階級社会!!」

新潟サポ「もういいです、自分が間違ってました」

仲間の力を借り、何とか「新潟サポの錯覚と妄想」を正す事が出来ました。それにしても、マジで新潟サポの大多数が「仙台には勝てる」と思っていたことには脱帽です。いやね、チームが絶好調で浦和・ガンバ・川崎に3連勝!!といった状況での仙台戦なら、百歩譲って「まあ、しょうがないかな・・・」と思える。

しかしながら、3引き分けぐらいで「仙台には・・」と思われても、「百歩どころか、十歩も譲れねぇぇーー」であります。後輩の話を聞いていると「自分たちも苦しいけど、降格はしませんから・・・」と考えている節がアリアリ。なんか知らないけど、自信というか、プライドがあるんだよね「自分たちはJ1ですから!!落ちませんから!!」みたいな感じが。

 仙台は、降格に対しての安心感など微塵もありません。普通に夏場、連敗するのは分かっているから。だから、その前にチョットでも貯金が欲しい・・・が本音。こっちが、そんな風に謙虚に考えているのに、負けたチームが「想定外だった・・・」と考えるのは、いささか傲慢かと・・。あと、長野サポの同僚に関しては、「良いイジラレキャラが仲間に加わってくれた・・」と思っております。仲間が増えるって、いいね。

2016年5月30日月曜日

新潟戦


えー、何とか勝ってくれましたな。今現在、ベガルタンが最も憎むチームである新潟。そこに勝ったんですから、なんの問題もありません。カミさんなんて、試合前からレッドゾーンを振り切るくらいに「嫌新潟」全開!!前方を歩いていた新潟サポのバッグに、「あいしてる新潟」のロゴを発見すると、「キモいんだよ、そういうとこが!!」と絶叫。どうやらカミさんはベガルタンよりも「坊主に憎けりゃ、袈裟まで憎い」的になってしまったようです。怖いね、中年の憎しみって。

試合の入りは新潟ペース気味で「そうですかそうですか、新潟にもボールを回されちゃうんですか・・」的な展開。しかしながら、試合後の監督のコメントによると・・・
「ゲームの入りというものは割り切って、相手の最終ラインの背後を狙おう、相手のサイドバックが若干前がかりになると、いうのは、スカウティングでありましたから、その背後を狙っていこうと」みたいな感じ。

基本的に、鍋監督は事あるごとに「チームが次のステップへ行くためにも、ボールを回したい、支配したい」と語っています。そんな監督が、ホームの新潟戦で採用したのが「割り切って、相手の最終ラインの背後を狙う」という、ある種のロングボール作戦。本当なら「もうチョットボールを回したい・・」という願望を捨て、勝ちにこだわる現実的な戦略。誰よりも勝ちたかったのは監督だったのでしょうな。

金久保の先制はゴラッソ。ただ、ベガルタン的には「六反のロングフィードとの合わせ技で一本」と言う感じです。このシーン、スタートは新潟のFKから。そこから六反がボールをキャッチした瞬間、誰よりも早く走り出したのが金久保であり、そこへ六反からのレーザービーム。そしてマークに来た2人を振り切ってのゴール!!1stのベストゴールかもしれませんな、まだ終わってないけど。

前半終了間際、野沢のゴールもナイス。ただ、これも「ハモンの頑張りとの合わせ技、一本!!」と言う感じ。ベガルタンは思うよ「単独でゴリゴリ行っても確率は悪め、だったら合わせ技の一本に活路を見出しても・・」って。

新潟はレンチャンで引き分け中とか。それも相手が、浦和・ガンバ・川崎という、超濃厚な相手ばかり・・・。そんな相手を3試合連続で完封して来れば、当然「仙台には・・・」って思うよね、選手もサポも。そんな状況で「仙台に0-3」とされたら、ガクッ・・・となるのは確実ですな、人間だもの。

もうね、この状況から「ここからトップ5だ」と願うのは無理筋です。だとしたら、残留を争うメンバーに対しては「勝ち点3だけは絶対に、やんねーー!!」的な考え方も有りですな。だって、落ちたくないから。

とりあえず、勝って何よりです。さあ、久々にJタイムとマッチJでも見ますかな。

2016年5月26日木曜日

川崎戦


ナビスコ、川崎戦。相手のメンバーはイマイチ知らない人ばかりでしたが、大事なのは仙台のメンバーです。そこでスタメンをチェック・・・「えーと、両サイドバッグが二見と蜂ですか・・・それとチームの肝であるボランチはミンテと藤村で、サイドに杉浦・・・」このメンバーを見た時、一瞬、めまいがしましたが、大丈夫、ベガルタンのハートは鋼ですから。

互いに大きくメンバーを変更。勝つためには「チーム力」が必要になってきます。まっ、ぶっちゃけ、冷静に考えれば川崎の方があるんでしょうが、怖いのはそこではななく、「リーグ戦に集中するしかないよな」といったハッキリとして割り切りです。仙台の場合は予選突破のチャンスがあり、川崎には略ない。このような場合、試合の意義に対して「よりシンプル」に考えられるのは後者であるはずです。「チームとしての目標≦個人の目標」となった時、人はよりモチベーションが上がりますな。

負けたことは残念ですが、ある意味、負けにおけるリバンドメンタリティーの確立が強固になってきたベガサポにとって、この敗戦においての無念感は大きくありません。メンバーを見れば「まっ、しょうがないな・・」と思えなくもなく、今のベガルタンは至って冷静です。

ネット上では「誰それは使うな」とか「何であいつを出すんだ?」みたいな意見もあるようですが、鍋監督懐疑派のベガルタン的には「まっ、気持ちは分からんでもない・・」であります。会社もベガルタもチームとして動いていれば、最も大切なのは全体のモチベーションです。つまり、会社としては特定の人物のみがモチベーションを維持する状況よりも、チーム全体が、そのモチベーションを共有できるように持っていきたいものなんだよね。

会社としたら、能力がある人間に多くの物件を担当させたい。しかし、一人では限界があるし、そんなことをし続けたら、それ以外のチームメイトのモチベーションはダダ下がりです。なので会社としたら「あいつには荷が重いかもしれないが・・・」と思いつつも、重要案件を任せる時があるんです。昨日のカップ戦メンバーの中には、そういった関係を考慮した事例はあったと思うし、それが正解かどうかは分かりませんが、決して不正解ではありませんな。

会社もチームも日々の活動が何より大切です。特定の物件だけ、特定の試合だけ、それだけがチーム活動の全てではありません。上司(監督)とすれば、日々の営業(練習)活動で、チーム全体のモチベーションを維持するにはどうしたら・・・。ベガルタンも最近悩むようになりました。別に鍋監督を擁護する気など一切ありませんが、昨日のメンバー構成に、そのような思慮はあったとおもいます。

結果として負けはしましたが、だからと言って予選突破の可能性が無くなった訳ではなく、リーグ戦に向けては主力を休ませることができました。昨日の試合的には「勝って予選突破を・・」が理想でしたが、それはあくまでも理想であり、現実は中々、そんなに簡単にうまくはいきません。だとしたら、負けた事を嘆くよりも、新潟戦に向けて「いい調整ができた・・」と考えるべきですな。えぇ、そうです、ベガルタンは鋼のメンタルティーですから。

2016年5月25日水曜日

ベガルタン、後輩のメールに今を想う


昨夜は得意先の方々と今シーズン初のビアガーデン。ベガルタンが若かりし頃は、ビアガーデン二次会風俗記憶なし・・・が、お決まりのパターンだったものの、今ではビアガーデンからの帰宅が一般的。もうね、無理がきかない年代になってきています。

美味しいビールと楽しい会話をエンジョイしていたベガルタンの携帯に、昨夜はラインを通じてメールが連発!!最初は無視してましたが、トイレで中身を確認すると、そこには衝撃の内容が・・それでは、さかのぼってラインメールの内容を公開しよう。
 
本社の後輩 葛巻
リーダー、今私は有休を使って上海におります。ACL、対上海上港。1レグはアウエーゴールを許したものの勝利。その上で、上海へ参戦です。
本社の後輩 葛巻
スルーですか・・・先輩にも応援してほしかったのに・・
本社の後輩 葛巻
とりあえず、初上海。楽しんでます。
本社の後輩 葛巻
試合が始まりました。応援頑張ります。勝ちます。
本社の後輩 葛巻
前半は0-0、良かったような、悪かったような。
本社の後輩 葛巻
後半が始まりました。0-0では次へ進めますが、余裕はありません。頑張りますが、そろそろ既読していただいても。ひょっとして、風俗ですか?

ここでようやくベガルタンが返信。

頑張ってください!!あと、風俗じゃありません

本社の後輩 葛巻
本社の後輩 葛巻
残り15分。ここからが長い。つーか、前田が決めてれば、こんなにイライラ・ハラハラすることないのに。

ベガルタン

本社の後輩 葛巻
ロスタイムに入りました。ドン引き、ドンドン引きですが、守りきってくれぇ―

本社の後輩 葛巻
・・・・まさかの失点・・・・
本社の後輩 葛巻
こんなにpm2.5をガンガン呼吸すんのを我慢してるのに・・
ベガルタン
本社の後輩 葛巻
ベガルタン
本社の後輩 葛巻
ベガルタン
お土産は上海で買わんでいいよ、何喰わせられるか分からんから。成田から直送してくれ。



本社の後輩 葛巻
明日の上海観光・・・めんどくせぇーー。

それにしても、いいですな、平日に上海へ行って、愛するチームを応援できるなんて。そう言えば、今期のベガルタも目標は「トップ5」でしたっけ。当然、ACLも視野に入れてるんでしょうな、行ける気100%無いけど。

とりあえず、壮大な目標は脇に置いておいて、目の前の川崎に勝つことですな。幸い、向こうもフルメンバーチェンジに近いとか。だったら、ウイルソンと奥埜がスタートから出る仙台にも勝機はあります。

ACLの夢をもう一度・・・とは言わないから、とりあえず、ナビスコの予選は突破したいですな。上海からのメールを見ながら、ベガルタンはビアガーデンで、こんなことを考えていました。

今日はフロンターレ戦、ビート・川崎!!




2016年5月23日月曜日

湘南戦


ふぅ~~、なんとか勝ちましたな。巷には不心得者がいて「鍋監督解任の熱を上げるためにも負けた方が・・」と考えている者がいるらしく、そんな人たちからすれば「ここで勝っちゃうから、グダグダになるんだよ・・」との見解。そんな意見を耳にするたびに「ベガルタが勝たない方が良い・・・と考えるくらいなら、サポーターをやめた方がいいんじゃあ・・」とマジで思っております。どんな考えが有ろうとも、チームに対して大きな憤りが有ろうとも、「負けてもいい・・・」と考えた時点で本末転倒ですな。

内容的にも前半の出来は秀悦。相手が湘南と言うことを差し引いても、安心して見ていられる展開。ここ一番での決定力の無さは、ある意味お約束です。しかしながら、そんな簡単に決定力がアップするとは思えないので、当面は完封を目指しつつ、最少失点・最少得点、俗に言われるところの「1-0の美学」で勝つのを目指すしかない!!と言うのがベガルタンの見解であります。

鍋監督が試合後のコメントで「我々がボールを保持する時間を少しでも長くしなければいけないということです。現代サッカーを見れば、ポゼッション率が高いからといって勝利につながらないということは重々承知なのですけれども、ベガルタ仙台というチームがこの先に大きなチャレンジをするためには、そこにトライしなければいけない時期だと思っています」と語っていますが、これについてのベガルタンの考えは・・・

確かに「チーム自体が主力の高齢化やスキルの熟練度などでトライする時期に来ている」という事は認めます。しかし、その事は昨年から分かっていたはずで、「その上での目標がトップ5だろう?」という感じですな。チームの変革期なのでしょうし、今が踏ん張りどころであるのも事実でしょう。ただし、だからと言って「残留さえできればOK」とはならないと思うんだけどね。

でもね、チームの将来を考えるのも大切だけど、勝った時くらいは素直に喜ぶべきだと考えております。苦しいけど勝った・追加点は取れないものの守り切った。課題は山積してるけど、勝ったんだから、いいんじゃない。今はそういう感じですな。「木を見て森を見ず」は最悪ですが、我々サポーターは「とりあえず、木を見て(目の前の試合)、森は見ない(シーズン末期の状況)」姿勢も大事だと考えるようになりました。経営者でも、チーム関係者でもないサポとしたら、「今を楽しむ」姿勢が肝要ですな。

湘南戦は勝って何よりです。チームとすれば、川崎とのカップ戦に照準を合わせているんでしょうが、我々は「その余韻をできるだけ長く楽しむ・・・」でいいんじゃないでしょうか?