2018年1月19日金曜日

ベガルタン、今年あたり一皮むけたい


今日は、今年のメンバーを確認しながら新たなシーズンの妄想を膨らませてみましょうかな。ただし、メンバー現時点で確定しているものを重視、これで補強が終わりとは思えないので、あくまでも()ということです。まずは、メンバーをチェック、赤字は昨年の最終戦のスタメンです。

1 GKシュミット ダニエル
2 DF永戸 勝也
4 DF蜂須賀 孝治
6 DF板倉 滉
7 MF奥埜 博亮
8 MF庄司 悦大
9 FW平山 相太
10 MF梁 勇基
11 FW石原 直樹
12 サポーター番号
13 DF平岡 康裕
14 MF金久保 順
16 MF野津田 岳人
17 MF富田 晋伍
19 FWジャーメイン 良
20 FW阿部 拓馬
21 GK関 憲太郎
22 GK川浪 吾郎
23 MF中野 嘉大
25 MF菅井 直樹
27 DF大岩 一貴
29 MF古林 将太
30 FW西村 拓真
31 MF茂木 駿佑
33 DF常田 克人
34 MF椎橋 慧也
35 GKイ ユノ
39 DF金 正也

 こうして見ると「結構、去年のメンバーは残っているよな・・」という感じ。同じ監督、同じような戦術、戦略の熟成&深化、連携などが進むのであれば「去年よりも悪くなることなど考えられない・・・」と思う事には若干の整合性はあります。ここに、青字の「怪我によってシーズンの大半、もしくはシーズンの後半を棒に振った選手たち」が正常にカムバックしてくるのであれば、三田ロスなんかの後遺症は小さいような気もしてます。

それにしても、j2時代の地獄を知っている選手が少なくなりましたな。リャン、菅井、富田、関・・・・えぇーと、え!?こんだけ?しかも、これらの選手が今季のスタメンかどうかは全く未知数!頭の中では「いつの日か、リャンがスタメンから落ちる時が来るんだろうなぁ~」と分かっていても、実際来ちゃうと隔世の感はあります。このことを「寂しい・・」と感じているだけではサポとしてマダマダ。「新しい芽が育ってきたな・・」と感じられるようになってこそ、サポとして一人前なのかもしれません。

絶対と思われていた富田でさえ、奧埜の成長によってスタメンの確約はなく、昨年前半にブレークした永戸にいたっては「そう言えば、そんな選手も・・・」的な扱い。これには中野の存在があったんだけど、彼だって新加入の阿部や庄司の存在が大きくなれば絶対的な存在とはなり得ず、金久保や平山に至っては「むしろ、昔の名前出てています・・・」ぐらいの感じも。それにしても恐ろしい時代が来ましたな、リャンや富田がスタメン落ちどころか、サブメンバーから外れるかもしれないって。

菅井がベンチにも入れなくなる・・・この事に対しては昨年免疫が出来ました。システムや戦術が変わり、菅井のスキルよりも古林のスキルの方がチームとして「より必要」となってきた以降、菅井の出番は急減しました。別に菅井がダメではなく、古林の方が今の戦い方にはフィットする・・・。生存競争が厳しい社会では極めて自然です。それと同じようなことが、今季のベガルタに起こるかもしれない・・・。そんな気がしています。

ひょっとしたら、リャンや富田が試合に中々出れず「試合に出るために移籍を決める・・・」という事態だって想定内のベガルタン。そんなことなどあってはなりませんが、あった時こそ「ベガルタがチームとしてワンランクアップした証左」となるのは確実。怖いよね、リャンや菅井や富田が違うチームでプレーしたら。しかし、柳沢や平瀬や名波たちがチームを去ったのは、鹿島や磐田の事を嫌いになった訳ではなく、ただ単に「試合に出たい」というピュアな思いから。

正常な進化には、適度な新陳代謝はマスト。問題なのは、その新陳代謝を我々が素直に受け入れることができるかどうか。リャンが赤にユニを着る、菅井や富田が青にユニを着る・・こんなことは想像すらできませんが、そんなことが現実に起こった時こそ、それを受け入れた時こそ、チームとしてもサポとしても、一皮むける時なのかもしれません。今年あたりむけたいですな。ちなみに、ベガルタンが一皮むけたのは高二の冬休みでした。

2018年1月9日火曜日

今年もよろしくお願いします。


新年あけましておめでとございます

とりあえず今年も、皆様方が仕事で疲れた時の「筆休め」ぐらいになればいいなぁ~ぐらいの軽い気持ちで、駄文を書き込みますのでよろしくお願いいたします。

チーム始動を目前に控えた現在でも、サポの「ビッグネーム・カモーン!!」との願いは消えておりません。が、しかし、この時期まで契約が決まっていない選手にビッグネームは超少な目。そんな絶滅危惧種的なビッグスターが仙台に来るとは考えにくく、だとするのなら「岐阜の庄司(不肖ベガルタン、庄司に関しては全く知りませんでした)」的な、チョット地味でも「いぶし銀系」の実務型を獲得した方がよい気もします。だからと言って、庄司が成功するかどうかは分かりません。だって、知らないんですから。

阿部拓に関しても「ちょっと知ってる・・・」程度でしょうか。やられた事があるような気もしますが、だからと言って「いい選手だ・・・」という認識はなく、正直に言えば「ん~、そこかぁ~地味と言えば地味だけど、仙台というチーム自体が超地味だから、いいかもね・・・」と思っています。チーム予算が限られている以上、100点満点の「個人的なスキル」に補強を執着するよりも、65点ぐらいでもいいから「チームにフィットしそうな汗かき」な補強の方が現実的なんでしょう。

今年のチーム力は、そのまま三田ロスを「どこまでカバー、そして凌駕できるか?」にかかってきます。監督も選手もほとんど同じ、戦術や戦略は昨年からの「継続&深化」。個人的には、昨年よりも「ソコソコやれそう・・・」とは思っていますが、大切なことは「仙台の深化のスビートが他チームのそれよりも早いこと」であります。

昨年のように序盤戦で苦しむと後が大変。なので、継続がキーワードであるのなら「序盤戦から勝ち点を拾っていく戦略」が大事になります。「新たなチャレンジ⇒苦戦⇒原点に振り戻し(堅守速攻)」のエンドレスは、ただ単に疲弊するだけです。今年あたりは「昨年からの継続⇒深化⇒ワッショイ!ワッショイ!」のサイクルを見たいものですな。

2017年12月19日火曜日

雑感を

ここ数日、個人的なメールなどでは「三田の移籍って、どうなんですか?」的な話題でてんこ盛り。個別に話すのはめんどくさいので、ここで雑感を。

まず、このニュースを最初に見ての第一声は「うわいう「東日本大震災」クラスの衝撃を受けた経験からすると、三田の退団ぐらいでアタフタすることはありません。最近、最もアタフタしたのは・・・そうですなぁ~入れ替え戦で負けた直後に「リャン退団確定的か!」というフレーズをスポーツ紙で見た時ですかな。

個人的にサッカー選手というのは「高額な契約社員のようなもの」という考えです。持っているスキルはただ一つで「フットボール」のみ。三田も、このただ一つのスキル使って神戸へとステップアップしただけで、そのことのみで「裏切者!」とか「金の亡者が!」とか「二度と仙台に来るな!」というバッシングは可哀そうというものです。ここ2年、彼はチームのために頑張ってくれました。別れるのはつらいですが、終身契約をしてない以上、しょうがない・・がベガルタンの実感です。

毎年のように起こる「この手の問題」、その根本的な要因は単純で「チームに金が無いから」で
あります。社長は「次のステップアップのために、チームの予算規模を30億にしたい」と語っていましたが、メッチャ苦戦。それどころか、今の仙台の立ち位置はと言えば「予算規模からいえばメッチャ降格候補の三羽烏」という有り様。「このままではジリ貧に・・・」は、社長ならずも誰しもが考えること。しかし、誰しもが「その不安に対する答え」を持っている訳でもなく、おそらくは、社長も五里霧中なんでしょうな。

三田の退団は痛いところですが、それと引き換えに「幾ばくかの移籍金と、彼の穴を埋めるべく出てくるであろうスター候補生誕生への期待感」を手にすることができます。個人的には「生え抜きの若手がでて来て活躍してこそ、チーム躍進のポイント」と思っているので、その出現が来年だったら最高ですな。

同じカテゴリーのチームから主力を引き抜き戦力をダウンさせつつ、自らは選手層を厚くして戦力アップを計る・・・・、王道、まさしく孫氏の兵法で言うところの王道です。問題は、その王道が「仙台にはできない」ということ。だとしたら、違う道を模索しなければなりません。その道の入り口、そしてそこに誘ってくる選手が、来年表れてくれるといいですな