2017年3月27日月曜日

チームも自分も頑張りどころです


えー、日々の仕事に追われているベガルタンですが、こんな苦しい状況も残り1週間・・・そう思えば我慢も出来るというものです。正直、川崎戦に行けないのは残念ですが、仕事と健康の両輪が揃ってこその「サポーター人生」です。
 
この天から与えられし宿命を全うする為、時にユアスタへ行けなくなろうとも、そのこと自体を神に咎められることはありません。永遠に続くサポーター人生においては、目の前の試合に参戦するか否かよりも、時に大切なことがあるのですから。

ここからの数試合は脂ギッシュの相手が連続。そんな訳なので巷では「連敗してもドンマイ!!」との声も聞こえてきます。ベガルタンもその考えには理解をしていますが、だからといって「連敗してもいい・・」とならないのが厳しいところ。
 
たとえ「それは無茶だろう・・」と言われても、あくまで目標は「トップ5」。なので、いくら「川崎・浦和・鹿島・広島」と続く対戦相手とはいえ、簡単に「4連敗でもok牧場」は「=トップ5は無理筋」と同意語になってしまいます。

だって、この4チーム以外にも鹿島、ガンバ、神戸等々、強豪チームは山の如し。その中で「めざせトップ5」に挑もうとしているチームが、「相手が相手だから4連敗もしょうがないかな・・・」と思っているようでは、戦う前から勝負が見えているような気もします。
 
これがね、「公的にはトップ5が目標だけど、ほら、ね?そこんところは察っしてよ・・・本音で言えば10位くらいが目標だって分かっているんでしょ?」というコンセンサスがあればいいんだけど、実際そうじゃないし・・・。だからこそ、ホーム川崎戦は大事になって来ます。

その意味では、小林の追加招集はナイス。さらに言えば、川崎は故障者が多数と言う情報も仙台サイドから見れば吉。他人の不幸を喜ぶようでは、それこそ人間性的には問題なのだが、川崎戦が「今年を占う大事な一戦」と考えるのであれば、ちょっとでも有利なポイントがあるのを願うのは「サポーターとしての性(さが)」でしょう。

中野や平山の離脱は痛いところですが、彼らが戻ってくれば「その分は丸々チーム力はプラスのはず」と考えることもできます。まあ、他のチームも同じことは言えますが。とにかく、全くと言っていいほど熟成してない新システムで3勝しているのは幸運ですし、減らない貯金程(勝ち点)ありがたいものはありません。むしろ「この貯金がある時に、強豪との連戦を戦えるのはラッキーじゃね?」と考えるくらいで丁度よいかと。

新システムで挑むボージョレィワインの仙台に対し、川崎・浦和・鹿島・広島は熟成が増しているヴィンテージワイン。圧倒的に戦術的な「深み」は劣るのでしょうが、さりとて「これから、どんな熟成をするんだろう・・」という楽しみが仙台にはあります。恐れるものはないし、負けて失うものなどありません。川崎には、ドーンとぶつかって欲しいですな。

2017年3月21日火曜日

今さらながら柏戦


えー今さらながら柏戦です。世間的には三連休だったのでしょうが、ベガルタンは三連出勤!!毎年のこととはいえ、ベガルタの試合に参戦できない事が一番しんどいですな。柏戦の結果を知ったのは深夜に帰宅してから。勝つことを信じていた訳ではなく「負けないで欲しいなぁ~」ぐらいのマッタリ感で願っていたら、終了間際に奧埜のゴールですか?もしもベガルタンが現場に居たら、間違いなく「おしっこ・ジャー」でしょうな。

ポゼッション率で言えば「5743」と劣勢。鍋監督の言うところの「実際にそういうかたちも多かったですし、押しこまれたと見るのか、我々が彼らを引き込んだと見るのか、それぞれだと思うのですが、私からするとしっかり引き込んで、出ていくシーンを作れたと思います」が事実かどうかは、どちらサイドからの視点か?が重要になって来ます。ただし、前半放ったシュート数が「たったの2本」という事を鑑みれば、苦しい感じだったのでしょう。

後半に入ると多少はオープンな展開になり、長短のパスがチャンスゾーンへ供給されるようになったような感じ。ただし、試合全体を見てないので、あくまでもダイジェストを見たのみの印象。
 
う~ん、こんなことならdaznに加入しとけば・・・後輩の「4月になったら新たなアマゾンスティックが販売されますよ・・」という甘言に惑わされ、加入を一カ月先送りした自分が馬鹿だったが、あと10日待てば発売される現在では我慢するしかない。後悔先に立たずとはこのことですな。

なんでも、ネットの情報では「daznの画質は良かった」派と、「全然ダメだった」派に分かれているようです。ネットに疎い自分的に、画質に関しては加入してからの「出たとこ勝負」。やれ「有線にして、あーだの」とか、「無線の場合は、こーだの」とか言われてもチンプンカンプン。取り敢えず、良かろうが悪かろうが全て受け入れる覚悟を決めてから加入するとします。

今後の日程は「川崎・浦和・鹿島」なので、コッテリ系の徳島ラーメン。だからこそ、出だしの4試合で「勝ち点9」はナイス。ぶっちゃけ、3連敗してもメンタル的にはok牧場。考えてみてよ「未勝利で強豪3連戦」と「3勝して強豪3連戦」の場合、現在の仙台では、どっちが良い試合すると思う?と問われたら、誰だって後者・・・って言うよね。

それにしても、柏には不思議と結果がついてきます。いずれも苦しい試合なんだけど、終わってみたら勝ってる・・・という感じですか。川崎戦が厳しいのは誰もが分かっているので、柏よりもボールを持たれることは織り込み済みのはず。最近はセットプレーからズドン!!がないので、個人的には「そろそろなんじゃあ・・」と思っています。

2017年3月17日金曜日

明日は柏戦ですな


えー、年度末の忙しさもピークを迎えつつあり、当然のように明日の柏戦は不参加&ライブでの観戦も不可という状況のベガルタンです。まあね、試合は選手たちとサポーター仲間に任せ、ベガルタンは仕事を頑張るしかありません。そんな状況でも後輩たちは、なんとか会社を抜け出して「こんな時の為のdaznですから・・」という事であります。ネットを上手く使う若者には、daznの評価が良い傾向はあるけど、時代ですかな。

とりあえず、リーグ戦の主力で柏戦には挑むんだろうけど、連勝した時のような期待感など微塵もなく、どちらかといえば「大丈夫かなぁ~」的な不安感の方が大きいような気も。もちろん「何が不安なんだ?」と問われても、「えーと、個別にどこが・・ということではなく、何となく全体的に・・」という感じ。

「今年いけるのか?」的な不安は元々あったので、多少の連敗は織り込み済みなんだけど、なにせ0-2と来て、次が0-6だったから、やっぱり心配にはなります。これがね、1-3とか3-6のように「負けはしたものの、攻める姿勢、気持ちは見れた・・・」だったら我慢も出来るんだけど、なにせ180分間ノーゴールですから。

正直、いくら「昨年までのベースがある・・」からのシステム変更とはいえ、簡単に熟成できるとは考えにくいのが現実。素人のベガルタンだって「クサビに入れつつ全体がスイッチオン、シャドウとサイドが連動しつつ3人目、4人目が機動的にスペースへパス&ゴー・・・」的な事をやろうとしているんじゃあ・・ぐらいは分かるけど、でもこれって、中々うまく連動できないよね。ただ、チームもサポも「ここが我慢のしどころ・・」と言う事も分かっているので、ゴールデンウイークまでは忍の一字です。

柏戦に関して言えば、特別苦手意識があるわけでもなく、試合内容もいつも同じで「こっちが我慢する時間は長いんだけど、我慢してれば何とかなりそう・・」的な感じでしょうか。特別圧倒して勝つ訳じゃないんだけど、終わってみればアウエーでも引き分けでは帰れる・・・。チーム力的には柏の方が上なんだろうけど、試合をやってみたら結構頑張れるし、最後は何気に鎌田がPKくれそう・・・そんなイメージだけど、ダメですか?

明日はレイソル戦、ビート・柏!!