2017年11月22日水曜日

大宮戦


大宮戦、勝てて何よりでした。何となく試合を見ていたら「仙台のワンサイド」っぽい感じでしたが、仙台が強い可能性は激低なので、とすると「大宮が弱かった・・もしくは、監督チェンジがこの試合に限っては上手く作用しなかった・・・」のどちらかでしょうな。

大宮がこの試合に勝てなかった場合、降格へのカウントダウンは必定。なので、選手や大宮サポは死ぬ気で向かってくるだろうから、こっちもそれなりの覚悟が必要だろうなぁ~と思っていたんだけど、試合が始まったら「あれ?なに?この歯ごたえの無さは・・・」的な感じ。もちろんピンチはあったんだけど、いずれも単発気味で「そんなに怖さはない系」でしたな。

大宮は選手層的にも、財務的にも見下されるチームではないはずなんだけど、そこは降格という名の「アリ地獄」に飲み込まれそうなチーム。おそらくは、一度でもその渦に飲み込まれそうになっちゃうと、ジタバタすればするほど中心部へと落ちてしまい、なかなか抜け出せないのでしょう。パスも繋がらないし、これがしたい!!という戦術も見えてはきませんでしたが、何よりも驚いたのは「戦う気持ち」が丸っきり見えてこなかったことです。どう見ても、仙台の方が気持ちは入っていました、球際でも戦えていたし。

ユアスタからの帰り道、失意の底に落ち込む大宮サポの真横で、「三田のゴールは最高だったよな」と笑顔を爆発させる若いベガサポカップル。そのコントラストを見れば「明日は我が身だよ・・・」との想いを禁じ得ませんが、地獄へ落ちるチームの悲哀は間違いなく未来へのビタミン。この屈辱を知っているサポからすれば、無駄な経験など何一つないんだから、この体験を生かすも殺すも自分自身の心持一つのはずです。

仙台はと言えば、怪我人も中々帰ってこない状況だけど、だからこそ試合に出れてるメンバーもいるはずで、その意味ではモチベーションは高め、ホームだし。菅井も頑張ってくれましたな。監督曰く「菅井が非常に素晴らしい働きをしてくれました・・中略・・非常に素晴らしいゲームの締め方をしてくれたので、今日の勝点3は菅井の力によるところも非常に大きいのかなと思います」とのこと。素人的には「そこまでの・・・」という評価なんだけど、プロが見ると違うんでしょうな。

とりあえず、17年シーズンのメンバーで戦えるのは、あと2試合。楽しみますかな。

2017年11月14日火曜日

監督続投について


えーご無沙汰です。なんか今年って、試合間隔が妙に空くことが多いような気もしますが、きっと、毎年こんな感じなんでしょうな。仙台はと言えば、今年も何とか残留は確保。この現実と「トップ5という目標」の乖離を、鍋監督続投に絡めて雑感を少々。

まず、ベガルタンの基本的な姿勢は「ある程度の時間を与え、それで結果を出せなければ潔く退任してもらう・・・」これが一番、公平で公正だと思っています。そこで出た結果に対しては、一切の「言い訳」を許さず、時に非情な判断が必要となっても、それはそれで受け入れるしかない・・・というスタンスです。

そこで鍋監督の続投ですが、ん~しょうがないのかな・・・というのが本音。いつも出てくる「トップ5の目標は何処へ行ったんだ?」vs「若手の成長とチームの新陳代謝の促進が出来たじゃないか」をメインの議題に添えつつ、ベガルタン的な考えをそこにプラスしていくことにします。

まず、数年に亘って結果にコミットする姿勢がないのであれば「目標を設定する必要は無し」であることは明白です。プロである以上、結果に対して「怪我人が・・」とか「若手を・・・」とかのエクスキューズには、何の説得力もありません。この点、鍋監督の口からは、このようなワードを聞いたことはないので、その点においては評価しています。しかし、結果というか、目標を達成してない点を「どう評価するか?」が、今度は問題になってきますな。

こんなことを言うと「結果は出なかったものの若手が育ってきたし、カップ戦でもセミファイナルに行ったし、財政規模的にもマズマズなんじゃ・・・」みたいな意見が闊歩するんだけど、そのような意見は生死をかけて戦っているプロの世間では何の意味もなく、我々が求めているのは「結果と育成」のハイブリッド的なミッションを達成できる監督であり、どちらか一方が・・で満足する訳にはいかないのです。

かと言って、今のチームに「継続」以外のカードがあるかどうかは微妙。現在、スタメンで出ている選手で鍋監督が直接獲得してない選手は殆どおらず、レンタル選手も含めれば「オール鍋派」的な状態。当然、鍋監督は予算内で獲得できる選手の中で「自分がやろうとしているサッカーにマッチした選手」に声をかけているだろうし、選手だって「監督に請われ、試合に出れる、必要とされているのなら・・」という決断の下で仙台に来ているから、鍋監督が退団しちゃうと、それはそれで困った状況になっちゃいますな。

いずれにしても、どこかのタイミングで結論(交代&続投)は出さねばなりません。そしてチームは継続を選びました。「ほかに選択肢が無かったのでは?」という考えもあるようですが、「選択肢は少なかった」とは思うけど、無いとは思いません。純粋に「この道を継続し、進もう・・」という証左でしょうな。

この道が正しいか否か?なんて誰にも分かりませんが、正しくないと困るのがサポーターという生き物の性。ただし、このまま年月が経てば「仙台がj1に留まること」自体を目的とするチームになっちゃいます。これはこれで困るよね。あくまでも、現在の目標はタイトルを獲得するための一里塚なんだから、そこをクリアーできずに、あと数年経っちゃうと「良かったよな、今年も残留出来て・・・」的な、残留が目標のチームになる可能性は否定できず、そんな事には猛烈な違和感がアリアリ。

目標は5年でタイトル・・・だったはずです。そこが出来ないからって、ブレちゃダメ。仙台の目標は「あくまでもタイトル」であり、決して「若手の育成をしつつ残留」ではありません。えぇ、難しいミッションと言う事は、監督もサポも分かっていますし、分かっていて監督も続投することを望んだはず。そこには、一切のエクスキューズは許されないはず・・・。鍋監督の続投を知った時、ベガルタンはこんなことを考えていました。

2017年10月31日火曜日

ガンバ戦


引き分けだったけど、何気に勝てたような、でもそうじゃないようなぁ~的な試合でしたな。テレビゲームのように、単純に選手のスキルを数値化して勝敗を決するのであればガンバの有利は明らか。そして実際の対戦成績でもガンバが上。そんでもってガンバのホーム。これらの要素がかみ合えば、プレステでは3-1ぐらいでガンバ勝利のはずです。

スキルなどでは「やや不利・・」となれば、勝つために必要な「もう一つの要素」では絶対に上回れなければなりません。その要素こそメンタル、別な言い方をするのであれば「モチベーション」とでもなりましょうか。ガンバの現状は最悪に近い感じ。ホーム5連敗中で監督の退団も決まり、タイトルという目標もACLもダメダメ。もうね、こうなったら個人としてもモチベ以外には、なんら目的を見出せない状況でしょう。

対する仙台はどうか?ん~~、現実的に残留が最低のタスクではあるものの、それが目的とか目標となると「ちょっと違うような・・・」的な感じ。これを個々の選手で考えれば、試合に出ている石原・野津田・古林・増嶋などのレンタル組のイメージは簡単に推測。

つまり「来季も鍋監督の方が自分にとってはプラス」と考えるのが自然でしょうから、その意味ではモチベも良好。さらに言えば大岩・平岡や離脱中の中野などは、鍋監督が懇願してチョイスした選手たちですから同じ気持ちのはず。なので、トータルとして考えれば「モチベは仙台が上」と見るのが大人というものです。

これだけ故障者が多いのに仙台の時間が決して少なくなかった要因こそ、ベガルタン的には「選手たちのモチベ数値が仙台の方が高かったから・・・」と思っていますが、危機的状況でさえある現状のメンバーで「ガンバ相手にこんな試合ができるのか・・」は、ある意味驚き。ガンバのチーム状態が悪いとはいえ、そこは浦和戦でも引き分ける力を持っている「腐っても鯛」のチーム。順位としての結果は昨年と同じなんだけど、ひょっとしたら「強くなっているのか・・・」と、誤解したくなっちゃう試合展開でした。

一試合ごとに奧埜がボランチとしてのスキルを磨いている・・・これは間違いない現実。ここ数年、富田はチームのダイナモでしたが、ひょっとしたら来季は・・・も現実味。攻撃的なスキルは間違いなく奧埜の方があるから、問題になってくるのは守備的なスキルや、富田を外すことによって生じる全体のバランスとリスク管理。この辺が上手くいけば、来季のスタメンも狙えそうですな。

何気に仙台ペースだったと思うけど、そんな時でもセットプレーの一発で失点するのはお約束。ゾーンの逃れられない弱点とはいえ、選手の間、前に入られ、そこにドンピシャのクロスが来ると「はい、お手上げ・・」。その弱点を上回るリターンがあるからこそ、チームとしてゾーンディフェンスを継続してるんだろうけど、セットプレーでの失点を軽減する事こそ来季浮上のファクターでしょうな。

奧埜のゴールはゴラッソ。ベガルタン的には、その起点となった増嶋のパスが秀逸。タイミング、速さ、コース、全てが良かったからこそ、ボールがその後も繋がってゴールに結びついたと思っています。西村については結果でしょうな、大事なのは。試合を通して目立つプレーがないのはいいとして、そんな中でも結果を出し続けないと試合に出るチャンスが無くなるのはFWの宿命。野津田や石原やクリスなどが、来季どうなるか分からない状況の中で結果を出すしか、彼自身の飛躍などありえません。

結果は引き分けでしたが、現状ではあれが精一杯なのでしょう。「ガンバ相手によくやった・・・」という表現は個人的に好きじゃなく、今のガンバなら「勝っておきたかった・・・」が本音。相手が強いことは分かっていますし、相手だって怪我人が多いことは分かっているけど、勝ちたかった・・・そんな感じのベガルタンです。